近所のお店屋さん 近所の義理チョコ屋さん 近所の健康屋さん
近所のお店屋さん我が侭リニューアルのご報告! by 負けない羊

敬老の日2016 プレゼント情報 | 真実の口コミの法則 敬老の日館

<<皆既日食を見る為の日食メガネ | ホーム | 年末の大掃除用、おすすめ掃除機いろいろ>>

負けない羊のおすすめカタログ通販グッズはこちら

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Web全体から商品検索: Google

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
節分関連グッズと今年の恵方の方角
今日、日本は節分ですよね。

節分で羊が思い出すのは、太巻き(恵方巻)のまるかじり(まるかぶり)

広島で生まれ育った羊は、太巻きを丸かじりする風習があることを、大学で大阪へ行くまで知りませんでした。
(勿論、豆まきは知ってました。子供の頃、「鬼は~外、福は~うち」ってやってましたから。)

大阪での初めての節分に、スーパーに節分用の巻き寿司がズラ~っと並ぶのを見て、「ん?なんだ、なんだぁ~」って。

いやぁ~、初めて聞いた時は、びっくりしたのなんの。
だって、みんなで、同じ方角(恵方)を向いて目を閉じて、黙って食べるって言うんですもの。
それって、結構、怖いような気が…。

んでも、節分の由来っていうか、この恵方巻について調べてみると、、、

なっ、なんと、大阪の道頓堀から関西に広がった後、1989年に広島県のコンビニのオーナーさんの発案で、西日本全体に広がったのだとか。
(え~っと、、、1989年っていうと、あっ、あれ、、、羊はもう大学生になってたから、広島には居なかった?←うっ、と、年が分かってしまう…。汗)

■節分とは
■恵方巻とは
(情報元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


で、気になる気になる2009年、今年の巻き寿司を食べる方角、恵方ですが、

東北東

だそうです。


スーパーで節分用の太巻きなんて売ってない国、ニュージーランドに住んでいる羊は、今夜、巻き寿司を作って、東北東に向かって、目を閉じて、一人もくもくと、一本食べきるつもりです。
(窓の外から、近所の人に見られないようにしなきゃ。「節分」なんて知らないニュージーランド人にとっては、この行動、ぜ~ったい、不気味だもん。笑)


恵方巻きの話はこれくらいにして、節分ってことで、節分関連グッズなるものを調べてみました。

節分のいわし
※関西では、節分にいわしを食べる習慣もあるそうです。柊の枝に鰯の頭を刺したものを、戸口に飾ったりもするのだとか。(上記、節分とはのリンク先参照。)

節分 豆まき
※節分の定番、豆まき。それにしても、豆まき用の大豆って、いろいろあるんですねぇ~。小さい頃は、自分の年の数だけ豆を食べるなんて、簡単だったのに、、、今じゃ、無理むり。(笑)

節分の鬼
※節分の鬼用(?)の商品は、結構笑えます。鬼の被り物や鬼のお面(マスク)、赤鬼青鬼かつらに、「角つきかつら、こん棒、シャツ、パンツ、タイツ」がセットになった鬼変身コスチュームまでいろいろ。



ちなみに、節分のイラスト素材を探していらっしゃる方。
サーチエンジンで、「節分 イラスト」をキーワードに探してみると、無料素材がたくさん見つかりますよ~。

さ~て、これから、巻き寿司つ~くろっと。
Web全体から商品検索: Google

【2009/02/03 16:45】 季節限定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<皆既日食を見る為の日食メガネ | ホーム | 年末の大掃除用、おすすめ掃除機いろいろ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。